タック 馬の装備のすべて

f:id:TakuyaHiya:20201229102850j:plain

 

タック」という言葉の定義では、馬に装着して使用するもの、装備するものを指します。しかし、馬に装着するためにどのような装備が存在するのかを知らないため、その定義の範囲を知らない人が多いようです。

 

地方競馬 予想のイベントを熱心に見ている人も多いかもしれませんが、観覧席からすべての装備を見分けることはできません。ここでは、"タック "とその用途のいくつかの例があります。

 

ホルター

ハルターとは、馬の頭に革製の紐を巻いて、下あごの脇にぶら下げたものです。これは、馬の頭に革紐を巻いて、下あごの部分にぶら下がっている紐のことで、馬を誘導するためのものです。ホルターは、首に巻くロープのように馬の首を絞めることはありません。

ブライドル

ブライドルはホルターのようなものですが、特に競馬用のものです。下あごの部分にロープがぶら下がっているのではなく、ビットに取り付けられており、残りの部分はウインカーや手綱を取り付けるためのスロットとなっています。

ビット

ビットとは、馬の口の中に入れた金属片のことです。馬はそれに噛みつき、それは側面に突出したフープを持っています。この輪っかが手綱が取り付けられているところです。

手綱

手綱は、ジョッキーが馬を制御するために、ジャークと鞭を保持するロープまたは長い革のストラップです。各端はビットのフープに接続され、それの残りの部分は馬の後頭部の周りにぶら下がっています。

ウインカー

ウインカーとは、ブライドルに装着するアイカバーのことです。時には革のドームの小さな部分で、他の回は、彼らは目隠しとマスクです。ポイントは、馬が驚いたり、気を取られないようにするために、その側面と背中を見てから維持することです。

馬の後ろの方にある、騎手が座るところにあるもの。これは、シートといくつかのぶら下がりオブジェクトを持っています。その全体の目的は、落下からジョッキーを維持することです。

ブレストプレート/ブレストカラー

胸当てまたは胸襟とは、馬の体に鞍を取り付ける馬具のことである。鞍を胸で縛り、前脚の下から首輪のように首にかける馬具があることから、その名がついた。

鐙(あぶみ)

あぶみは馬のためではなく、騎手のためのものである。これらは、ジョッキーがマウントするための手順をぶら下がってフットホルダーのペアです。疾走する馬はライダーを揺さぶるので、鞍の上に座るのではなく、鐙の上に立つ方が良いことが多い。

全体的に

人間は常に問題を解決したり、既存の解決策を改善したりするために道具に頼ってきました。馬の世話をしたり、馬に乗ったりするのも同じことだ。地方競馬の現場には、競馬というスポーツに特化した人工的な概念やオブジェクトが溢れています。これらのオブジェクトが置き換えられたり、改善される時が来るかもしれません。その時には「タック」とも呼ばれるようになるだろう。